コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多産 たさんprolificacy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多産
たさん
prolificacy

動物の雌が多くの子を産むこと。1腹の産子数の場合にも,1回の産子数の場合にもいう。なお2胎児以上を同時に胎内に宿す状態を多胎妊娠といい,ニワトリのような場合については,多産卵性という。人間では,不妊の治療にホルモン剤の使用が多くなっている結果,五つ子,さらに六つ子など,在来ほとんどありえなかった多産がみられることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

た‐さん【多産】

[名](スル)
子供をたくさん産むこと。「多産系」「多産種」
産物などが多くとれること。「この地方では雑穀を多産する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たさん【多産】

( 名 ) スル
子供を多くうむこと。 「 -種の豚」
多く産出すること。 「当地方に-する果物」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

多産の関連キーワードヘッケルの法則(産科学)会津高田[町]スティグマリアフォルトゥナ春日居[町]イノケラムス上矢作[町]白色レグホン人口ボーナスヒルドセラスメソヒップス自然淘汰説大宮[町]久賀[町]有明[町]嘉島[町]大山[町]白糠[町]エゾイシゲ士別[市]

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

多産の関連情報