コンボウヤセバチ(読み)こんぼうやせばち

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コンボウヤセバチ
こんぼうやせばち / 棍棒痩蜂

節足動物門昆虫綱膜翅(まくし)目コンボウヤセバチ科Gasteruptionidaeの昆虫の総称。和名は「体が細長くやせていて、腹部の形が棍棒状」をしていることに由来する。学名はギリシア語で「腹部が後方に曲がっている」ことを意味する。世界に広く分布する。体は主として黒色で、腹部は細長く側圧され、前伸腹節の背面から生じ、雌は長い産卵管をもつ。ハチ類の幼虫に寄生する。日本にはコンボウヤセバチGasteruption japonicumが知られ、体長は14ミリメートル内外で、産卵管は体とほぼ同長である。北海道、本州に分布する。[立川哲三郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android