コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンポーネント信号 こんぽーねんとしんごう

3件 の用語解説(コンポーネント信号の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

コンポーネント信号

ビデオ(映像)信号を複数の信号に分離して扱う方式。テレビの映像は輝度信号と2種類の色差信号で構成されているため、これらを分けて伝送あるいは記録するコンポーネント信号方式は、合成と分離という手順を省略できる分、高画質を実現できる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

コンポーネント‐しんごう〔‐シンガウ〕【コンポーネント信号】

component signal》テレビやDVDプレーヤーなどで使われる映像信号の方式の一。輝度信号、色信号、同期信号を合成せず、それぞれ個別成分の信号をやり取りするため、コンポジット信号に比べ高品質である。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

コンポーネントしんごう【コンポーネント信号】

一つのテレビ画面を複数の信号で伝送する映像信号方式。 RGB 信号、 YIQ 信号( RGB を変形させたもの)など。 ↔ コンポジット信号 RGB 信号( ABC 略語)

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone