コンマゲネ(英語表記)Kommagēnē; Commagene

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古代シリア北部の地域名。東はユーフラテス川,西はキリキア,北はカッパドキアに囲まれる。現在はトルコ領。セレウコス朝シリアの一部であったが,前 162年頃総督が反乱を起し,王朝を建てた。アンチオコス1世 (前 69頃~34頃) のとき,ミトラダテス戦争の際にローマのポンペイウス (大ポンペイウス) に反抗したが,やがて占領された。この王が山頂に築いた壮大な墳墓は発掘によって知られている。都市生活の発達はほとんどみられず,文化も遅れていた。 17年ローマに併合。一時王国が復活したが,72年属州シリアに編入された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android