コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンマゲネ Kommagēnē; Commagene

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンマゲネ
Kommagēnē; Commagene

古代シリア北部の地域名。東はユーフラテス川,西はキリキア,北はカッパドキアに囲まれる。現在はトルコ領。セレウコス朝シリアの一部であったが,前 162年頃総督が反乱を起し,王朝を建てた。アンチオコス1世 (前 69頃~34頃) のとき,ミトラダテス戦争の際にローマのポンペイウス (大ポンペイウス) に反抗したが,やがて占領された。この王が山頂に築いた壮大な墳墓は発掘によって知られている。都市生活の発達はほとんどみられず,文化も遅れていた。 17年ローマに併合。一時王国が復活したが,72年属州シリアに編入された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

コンマゲネの関連キーワードネムルット・ダーネムルット中東史(年表)ネムルトダウアドゥヤマンカラクシュネムルト山

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android