コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コース巻 コースまきdirect haulage

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コース巻
コースまき
direct haulage

軌道による斜坑運搬法の一種。コース (鋼首) とは巻綱 (鋼製ロープ) を炭車などに連結するため,ロープの先端に取付ける一種の鐶で,これを用いて列車編成した実車 (石炭を積んでいる炭車) や空車をロープに連結し,斜坑上部に設置してある巻上機により巻上げたり巻降ろしたりする斜坑運搬法をいう。これには単線巻と複線巻がある。前者は単線軌道を用い,1本のロープにより交互に巻上げ,巻降ろしを行い,単胴の巻上機が用いられる。後者は複線軌道により複胴の巻上機で2本のロープを用い,一方で空車を巻降ろす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

コース巻の関連キーワードテールロープ運搬坑内運搬巻立

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android