コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コープ教育 コープキョウイク

1件 の用語解説(コープ教育の意味・用語解説を検索)

人事労務用語辞典の解説

コープ教育

コープ教育」とは英語のCooperative Educationを和訳した用語で、産学連携による実践的なキャリア教育の方法論を意味します。趣旨はインターンシップと共通しますが、インターンシップが企業など学生を受け入れる側のイニシアチブで実施されるのに対し、コープ教育では大学などの教育機関が産業界・ビジネス界との連携のもと、主体的に企業現場での実習内容の管理運営に関わるのが特徴です。教育機関・企業・学生の協力関係に基づき、単位の認定も行う教育プログラムの一環として提供される職業体験であることから、コープ教育と呼ばれます。「コーオプ教育」「COOP教育」とも表記されます。
(2013/1/28掲載)

出典|『日本の人事部』
Copyright © 2004- 2009 iQ. Co., Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コープ教育の関連キーワードキネスコープトープヘリオスコープペリスコープフィールドスコープパーオプテシス巨斑晶ドスミックドパテイック南アの言語状況

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コープ教育の関連情報