イニシアチブ

精選版 日本国語大辞典「イニシアチブ」の解説

イニシアチブ

〘名〙 (initiative)
① 直接民主制の一手段。一定数以上の国民または地方自治体の住民が法令の制定、改廃を提案できる制度。スイスやアメリカ合衆国(一部の州)に行なわれている。
※平民新聞(1907)一六号・余が思想の変化〈幸徳秋水〉「公平選挙法(プロポーショナル)だの、直接投票(レフェレンダム)だの、人民発議権(イニシエチーヴ)だのと」
② 物事を多くの人で行なう場合に、その先頭に立って全体の動きをリードしてゆくこと。また、その権利。主導権。主体性。
※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)一二月三一日「此時日本のインシヤチイブを意外としたるは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「イニシアチブ」の解説

イニシアチブ(initiative)

《「イニシアティブ」とも》
物事を率先してすること。首唱。先導。「日本のイニシアチブで国際会議をすすめる」
主導権。「業界でイニシアチブを発揮する」「交渉のイニシアチブを取る」
国民が自発的に立法に関する提案を行うことのできる制度。直接民主制の一要素。国民発案

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android