コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コールチュラ[島] Korčula

1件 の用語解説(コールチュラ[島]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コールチュラ[島]【Korčula】

アドリア海にあるクロアチア領の島。面積276km2。長い間,ベネチア共和国オーストリアハプスブルク帝国の支配下に置かれた。《東方見聞録》の著者マルコポーロは,1254年にベネチア共和国の統治下にあったこの島で生まれた。第1次世界大戦後,ユーゴスラビア領となった。現在は温暖な気候を利用し,ブドウイチジクオリーブなどの栽培が行われ,造船業も盛んである。夏は海水浴客など多くの観光客を集めている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コールチュラ[島]の関連キーワードアドリア海クロアチアダルマチアボルクルク島スルジ山セルボクロアチア語ソリンバシュカラブ島

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone