コールチュラ[島](英語表記)Korčula

世界大百科事典 第2版の解説

コールチュラ[島]【Korčula】

アドリア海にあるクロアチア領の島。面積276km2。長い間,ベネチア共和国オーストリアハプスブルク帝国の支配下に置かれた。《東方見聞録》の著者マルコ・ポーロは,1254年にベネチア共和国の統治下にあったこの島で生まれた。第1次世界大戦後,ユーゴスラビア領となった。現在は温暖な気候を利用し,ブドウイチジクオリーブなどの栽培が行われ,造船業も盛んである。夏は海水浴客など多くの観光客を集めている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android