コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コールブルックデール Coalbrookdale

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コールブルックデール
Coalbrookdale

イギリスイングランド西部,テルフォード・リーキン南部の集落。シュルーズベリーの東南東約 20kmにあり,セバーン川に臨む。古くから製鉄業が盛んで,1709年エブラハム・ダービー1世によってイギリスで初めてコークスを用いて製鉄が行なわれたところとして知られる。1777~79年,ジョン・ウィルキンソンとエブラハム・ダービー3世によってセバーン川に建設されたアーチ式の車両用鉄橋コールブルックデール橋(→アイアンブリッジ峡谷)は,世界最初の全鉄製の橋として有名。1950年代まで用いられていたが,その後は国定記念物として保存され,1986年世界遺産の文化遺産に登録された。今日製鉄業は衰微し,金属,電機などの工業が主産業。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

コールブルックデールの関連キーワードダービー(Abraham Darby)シュロップシャー鉄骨構造

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android