コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コーンゲーン Khon Kaen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コーンゲーン
Khon Kaen

タイ東北地方のコラート高原にある町。コーンゲーン県の県都。ナコンラーチャシーマー北東 170kmにあり,鉄道,道路で結ばれる。1796年ラーマ1世の時代にカームゲーンから改称。東北タイの商業中心地の一つで,ナコンラーチャシーマーとウドンターニーを結ぶ鉄道路線の米の取引地として知られる。広大な農業試験場をもつコーンゲーン大学(1965)が郊外にある。周辺では米,淡水魚を生産する。人口 14万1202(2000)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android