コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴゴシマユムシ Ikedosoma gogoshimense

世界大百科事典 第2版の解説

ゴゴシマユムシ【Ikedosoma gogoshimense】

キタユムシ科のユムシ動物。愛媛県の興居島から初めて得られたのでこの名がある。またイヌユ,イヌイ,モドキ,イヌコウジュなどの地方名がある。瀬戸内海から相模湾にかけて分布し,低潮線付近の砂泥中にJ字状の穴を掘ってすむ。体長5~10cm,幅1~2.5cmで,頭端にあるへら状の吻(ふん)はよくのびると体長の半分ほどになる。体は紫色を帯びた汚緑色で,数条の淡緑色の縦線があり,多くの深緑色の皮膚乳頭で覆われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ゴゴシマユムシの関連キーワードミドリユムシ