コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴゴシマユムシ Ikedosoma gogoshimense

1件 の用語解説(ゴゴシマユムシの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ゴゴシマユムシ【Ikedosoma gogoshimense】

キタユムシ科のユムシ動物。愛媛県の興居島から初めて得られたのでこの名がある。またイヌユ,イヌイモドキイヌコウジュなどの地方名がある。瀬戸内海から相模湾にかけて分布し,低潮線付近の砂泥中にJ字状の穴を掘ってすむ。体長5~10cm,幅1~2.5cmで,頭端にあるへら状の吻(ふん)はよくのびると体長の半分ほどになる。体は紫色を帯びた汚緑色で,数条の淡緑色の縦線があり,多くの深緑色の皮膚乳頭で覆われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ゴゴシマユムシの関連キーワード鱗虫思ひ弛む鰹節虫埋葬虫背条露虫草履虫露虫ホシカムシ類

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone