コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

もどき

世界大百科事典 第2版の解説

もどき

似せて作ること,また似せて作ったもの,まがいものなどの意。また非難や批評するときにも〈もどき顔〉(非難しているらしい顔つき)などとして使われる。,抵牾,牴牾などと書く。芸能では主役のまねをしたり,からかったりする道化の性格をもつ役や曲をいう。たとえば御神楽(みかぐら)の人長(にんぢよう)と才男(さいのお),能の《》と《三番叟》を,神ともどきの関係としてみることができるし,舞楽の《二ノ舞》は,《安摩(あま)》の答舞の形をとって《安摩》をまねて舞われるが,これは《安摩》に対するもどきである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

もどき
もどき

擬、抵牾の字をあて、擬似物とか「もじり」の意。まね、反抗、揶揄(やゆ)、批判、非難などの行為を意味する動詞「もどく」の名詞化したことばで、芸能面においては、主役のまねをしたり、主役に絡んだりする道化役などをいう。中世の田楽(でんがく)芸を中心に発達した演出法らしい。奈良市の春日(かすが)若宮おん祭には「比擬開口(もどきかいこう)」という祝言的開口の滑稽(こっけい)版があり、静岡県浜松市天竜区水窪(みさくぼ)町の西浦田楽(にしうれでんがく)ではいちいちの田楽芸にもどきがつき、長野県阿南(あなん)町新野(にいの)の雪祭でももどきが活躍する。翁(おきな)に対する三番叟(さんばそう)も翁のもどきと説かれるように、神やその行為をまねたり、からかったり、反抗したりして、神のことばや行いを人にわかりやすく解説する役や行いをさしている。江戸里神楽(さとかぐら)のおかめ・ひょっとこは好例であるが、宮中の御(み)神楽の人長(にんじょう)に対する才(ざい)の男(おのこ)、能楽の間狂言(あいきょうげん)、京都市壬生(みぶ)寺の壬生狂言の供・下僕役なども同脈であろう。食物のがんもどき、植物のウメモドキ、昆虫のサソリモドキなども語素は同じである。[西角井正大]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

もどきの関連キーワード油揚げ・厚揚げ・がんもどきJ. ギマランイス・ローザギマランイス・ローザT.J. バスガンマプライムペレカニミムスガンマダッシュいなむどぅちべくもあらずヘリカルCTCTスキャン転移(医学)バイオプシーシンボラーウイロイドひょっとこ安げ・易げ顰む・嚬むすっぽん煮ダイズ製品

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

もどきの関連情報