コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴルティス遺跡 ゴルティスイセキ

2件 の用語解説(ゴルティス遺跡の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ゴルティス‐いせき〔‐ヰセキ〕【ゴルティス遺跡】

GortysΓόρτυς》ギリシャ南部、クレタ島の南部ゴルティスにある古代遺跡。古代名ゴルティン。同島最大規模を誇る。クレタ(ミノア)文明時代に繁栄し、古代ローマ時代には同島の属州総督府が置かれた。19世紀末、紀元前5世紀半ば制定のゴルティン法典の石板が発見されたことで知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

ゴルティスいせき【ゴルティス遺跡】

ギリシアのクレタ島の中心都市イラクリオン南方46kmにある、同島最大のローマ遺跡。ゴルティスは、紀元前3000年ごろに、すでに集落が築かれていたとされる。その後、ミノア時代の後期(紀元前1600~紀元前1100年)に都市として栄え、ローマ帝政期(1~5世紀)に属州クレタ・キュレナイカの首都として最盛期を迎えた。この遺跡で、紀元前5世紀の相続や刑法を刻んだゴルテュンの碑文が発見されたことで有名である。また、付近にはクレタ島に最初にキリスト教を布教したパウロの弟子ディトスに捧げられた、6世紀ごろに建造されたアギオスティトス教会の遺跡もある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゴルティス遺跡の関連キーワードイラクリオンクレタ島Ηράκλειονクノッソスの宮殿ベニゼル広場ΜάταλαΜαλιάモロシニの噴水Ρέθυμνο

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone