ゴルティス遺跡(読み)ゴルティスイセキ

デジタル大辞泉の解説

ゴルティス‐いせき〔‐ヰセキ〕【ゴルティス遺跡】

GortysΓόρτυς》ギリシャ南部、クレタ島の南部ゴルティスにある古代遺跡。古代名ゴルティン。同島最大規模を誇る。クレタ(ミノア)文明時代に繁栄し、古代ローマ時代には同島の属州総督府が置かれた。19世紀末、紀元前5世紀半ば制定のゴルティン法典の石板が発見されたことで知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

ゴルティスいせき【ゴルティス遺跡】

ギリシアのクレタ島の中心都市イラクリオン南方46kmにある、同島最大のローマ遺跡。ゴルティスは、紀元前3000年ごろに、すでに集落が築かれていたとされる。その後、ミノア時代の後期(紀元前1600~紀元前1100年)に都市として栄え、ローマ帝政期(1~5世紀)に属州クレタ・キュレナイカの首都として最盛期を迎えた。この遺跡で、紀元前5世紀の相続や刑法を刻んだゴルテュンの碑文が発見されたことで有名である。また、付近にはクレタ島に最初にキリスト教を布教したパウロの弟子ディトスに捧げられた、6世紀ごろに建造されたアギオスティトス教会の遺跡もある。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android