コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴレイゾフスキー Goleizovskii, Kas'yan Yaroslavich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴレイゾフスキー
Goleizovskii, Kas'yan Yaroslavich

[生]1892.3.5. モスクワ
[没]1970.5.2. モスクワ
ソ連の振付師ロシア革命後の舞踊界で最も革新的といわれた。ペテルブルグで学んだのち,1910年モスクワにおもむき,A.ゴルスキーの影響のもとに実験的な作品を上演すべく自身のスタジオを開いた。伝統的なバレエ衣装を排し,裸体と体操的な要素を大胆に取入れ,革命後の若い芸術家に多大な影響を与えた。 25年ボリショイ第2劇場に招かれ『美男子ジョセフとセオリンダ』を作った。『イゴール公』 (1933) ,『バフチサライの泉』 (39) などの作品がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ゴレイゾフスキーの関連キーワードマリンスキー劇場バレエ団モイセーエフバランチン

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android