コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裸体 ラタイ

デジタル大辞泉の解説

ら‐たい【裸体】

衣服をまとっていないはだかのからだ。裸身

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

らたい【裸体】

着物をつけていないはだかのからだ。裸身。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

裸体
らたい

裸の身体のこと。現在でもニューギニア島などに全裸で暮らす人々がいるが、彼らには裸体の意識がない。ヌーディスト・クラブの人々がヌード生活をしているときも、同様である。そもそも「体」の観念は、人間が着衣するようになってからおこったもので、着衣生活を前提とする文化にあって、着衣していない状態を示すものといえよう。こうした文化では着衣を社会規範としているので、自分の裸を見せることはもちろん他人の裸体を見ることも羞恥(しゅうち)の対象、道徳的問題となる。また、セックスをするときは全裸も許容されるので、セックスと裸体が短絡されて意識されやすい。現代文明は、着衣生活を社会規範としているので、裸体は恥ずかしいものとされているが、こうした規範に反抗しようとする動きが、アメリカの若者などにある。
 文明社会では古代ギリシアが裸体の美を評価した。着衣による外装の美を追ったヨーロッパでも、ルネサンス以来、芸術作品に限り、全裸の人体美を対象に取り上げた。すなわち、裸体の曲線、筋肉、四肢をはじめとする人体各部のバランス、明暗・色彩などの変化で、裸体美を本格的に追求してきた。ただし、男性像も扱う彫刻は別として、絵画では対象となるのが圧倒的に女性像が多いことは、一つの問題であろう。日本画ではモデルは裸婦でも、ポイントが、脱ぎかけた、あるいは脱いだ瞬間の緊迫にあるという日本的特徴がある。[深作光貞]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の裸体の言及

【裸】より

…D.モリスは,人は他の霊長類や哺乳類のような毛皮がない〈裸のサルnaked ape〉であるというが,毛皮の代りに衣服をまとって寒を避け,危険を防ぎ,身を飾る。太古の人類には衣服がなかったが,現在もアフリカ,アジア熱帯地方には裸体で生活する民族がいる。ギリシア語ギュムノスgymnosは〈裸の〉という形容詞で,英語のgymnosperm(裸子植物)などに今も残っている。…

※「裸体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

裸体の関連キーワードヌーディスト運動ストリップショーメイプルソーププラクシテレスティツィアーノスコポフィリアヌーディズムヌードショーティチアーノプッティ文土蛮・土蕃キューピークラナッハ額縁ショーセミヌードヘアヌードあぶな絵ゴダイバエッティ恋人たち

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

裸体の関連情報