バフチサライ(英語表記)Bakhchisarai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バフチサライ
Bakhchisarai

ウクライナ南部,クルイム自治共和国の都市。クリミア半島 (クルイム半島) 南部,首都シンフェローポリの南西約 30km,クリミア山脈西部の北麓にある。 16世紀初めから 18世紀末までクリム・ハン国の首都として繁栄。 1783年ロシアに併合された。缶詰,ワイン,香油,乳製品,木材加工,セメントなどの工業がある。 1519年につくられたハンの宮殿が博物館となっており,多くの観光客が訪れている。シンフェローポリとセバストーポリを結ぶ鉄道,ハイウェーが通る。人口2万 4100 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android