コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴレー島 ゴレーとうGorée

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴレー島
ゴレーとう
Gorée

セネガル西部,ベール岬半島南岸沿岸部にある火山性の小島。面積 0.36km2。 15世紀中頃ポルトガル人が交易基地を置き,アメリカへの奴隷貿易の中継港とした。西アフリカにおけるヨーロッパ人植民最古の町の一つで,17~19世紀オランダ,フランス,イギリスが領有を争ったが,1816~1960年フランスが支配。観光地で,ヨーロッパ人の訪問の多い冬に,ソンエリュミエール (音と光) と呼ばれるフランス式の歴史紹介のショーが行なわれる。植民地時代の要塞,奴隷収容所跡があり,1978年世界遺産の文化遺産に登録。人口 1000 (1984推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android