コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴロンタロ Gorontalo

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴロンタロ
ごろんたろ
Gorontalo

インドネシア、スラウェシ島北部の港市。ミナハサ半島の南東岸、トミニ湾に臨む。人口9万7628(1980)。市街はボランゴ、ボネ両川の合流点の低地に発達し、オランダ時代のナッソー城の遺跡も残る。この地方特産のコプラ積出し港として知られるが港内は狭い。ミナハサ人やアラブ人も居住する。[別技篤彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ゴロンタロの関連キーワードミナハサ(インドネシアの地名)スラウェシウタラ州H.B. ヤシンモルッカ海ヤシン

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android