ゴング・チャイム(読み)ゴングチャイム

百科事典マイペディアの解説

ゴング・チャイム

高音域で音高のはっきりした一組の小型のこぶつきゴングの総称。木製の枠の上に伏せて置かれ,たいていは高音順に並べられて,それぞれ2本のばちを持った1〜4人の奏者によって打奏される。インドネシアのボナン,フィリピンのクリンタン,タイのコーン・ウォンなど。
→関連項目クリンタンサイン・ワイン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のゴング・チャイムの言及

【ゴング】より

…後者は音色が硬質で,一定の音高に調律され,数個組み合わせて旋律を奏でることもできる。英語で総称的にゴング・チャイムgong chimeと呼んでいるのがこのタイプで,ジャワのボナンやクノン,バリのトロンポンやレヨン,フィリピンのクリンタン,タイのコン・ウォン,そして中国の雲鑼はこの種のゴングである。【柘植 元一】。…

※「ゴング・チャイム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android