コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴービンド・シング Guru Govind Singh

1件 の用語解説(ゴービンド・シングの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ゴービンド・シング【Guru Govind Singh】

1666‐1708
インドにおけるシク教の第10代教主(グル)。1675年父テーグ・バハードルがムガル朝に捕らわれ処刑された後,教主となる。シク教団の軍事的装備・訓練を進め,99年には特定の儀式を行うことを通じて,連帯意識で結ばれた強固なシク集団(カールサーKhālsā)の形成に着手した。これ以後シク教徒は自分の名のあとに〈シングSingh(獅子の意)〉の称を付するようになる。彼らの伝統たる禁煙,長髪,短剣・腕輪などの携帯を含む〈五つのK(頭文字)〉も彼によって規定された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のゴービンド・シングの言及

【ターバン】より

…現在,ヒンドゥー教徒はあまりターバンを用いなくなっている。その中でシク教徒の獅子派と呼ばれる人々は,第10祖ゴービンド・シングの定めた五つの戒律に従って,その一環として,毛髪やひげを切らずに,日に2回髪をくしけずり,それを頭の上に巻き上げ,その上にターバンを巻く習慣を守っている。【高橋 明】
[イスラム社会]
 アラビア語ではイマーマ‘imāmaと呼ばれ,普通ターキーヤṭāqīyaという頭にきっちりはまる木綿の丸帽をかぶり,その上に巻くが,これは汗を抑える効果がある。…

【パトナー】より

…東半部のムガル帝国時代から続く旧市は,シティあるいはアジーマーバード(17世紀後半にここを統治したムガル皇帝アウラングゼーブの孫アジームにちなむ)と呼ばれる商工業地区で,米,小麦,砂糖などを集散するとともに,シンチュウ製品,家具,金銀糸などの伝統工業が立地する。市中には16世紀中期にビハールを支配していたスール朝のシェール・シャーが1545年に建立したモスク,シク教第10代教主ゴービンド・シング(在位1675‐1708)の生誕地を記念する同教寺院(ハール・マンディル)がある。18~19世紀にはパトナーはアヘン交易の中心地で,オランダ,イギリス,フランス,デンマークの商館が設けられた。…

※「ゴービンド・シング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ゴービンド・シングの関連キーワードカールサー江島其磧火災保険大老和算和算と算額堀場製作所伊藤坦庵お染久松革堂

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone