ぐる(読み)グル

デジタル大辞泉の解説

ぐる

示し合わせて悪事を企てる仲間。共謀者。一味。「ぐるになって人をだます」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぐる

〔もと、「ぐるぐる」と輪になっているの意〕
悪いことをする仲間。悪だくみの相棒。一味。 「三人で-になってだまそうとした」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぐる

〘名〙
① しめし合わせてたくらみをなす仲間。共謀者。一味。多く、悪事をたくらむ仲間をさしていう。
※浄瑠璃・鑓の権三重帷子(1717)上「目代(めしろ)になる此の乳母(うば)はぐる也」
② (からだにぐるりと巻く物の意から) 帯(おび)の異称。江戸時代、人形浄瑠璃社会の隠語として使われたものが広まった語。
洒落本・辰巳婦言(1798)四つ明の部「ぐる(帯)を取って真裸もいい」
※俳諧・雑談集(1692)下「神鳴のならざる年ははしゐして〈遠水〉 行水の後くるにゆふ髪〈岩翁〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぐるの関連情報