教主(読み)キョウシュ

大辞林 第三版の解説

きょうしゅ【教主】

一つの宗教を始めた人。教祖。また、教祖の後継者として、教団を中心的に指導する者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きょう‐しゅ ケウ‥【教主】

〘名〙 (「きょうじゅ」とも)
① 教えを開いた人。仏をさす。
※観智院本三宝絵(984)下「不軽菩薩はくだれるかたちなり。うちのりし人未来の教主也と思はさりき」
※平家(13C前)二「夫証城大菩薩は、済度苦海の教主、三身円満の覚王也」 〔弁正論‐六〕
② 一宗一派の創始者。教祖。宗祖
※参天台五台山記(1072‐73)一「教主一人礼仏登高座」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の教主の言及

【祖師】より

…したがって,日本の仏教では宗祖,元祖,派祖などのことばでも呼ばれる祖師が,きわめて重要な意味をもっているといえよう。一般に,仏教の開祖である釈迦は教主と呼ばれ,信仰の対象である祖師のような人格的な面をもっていない。 宗派ごとに祖師への信仰は強く,さまざまな宗教儀礼が生まれた。…

※「教主」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android