コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教主 キョウシュ

デジタル大辞泉の解説

きょう‐しゅ〔ケウ‐〕【教主】

一宗一派を開いた人。教祖。宗祖。
仏教で、釈迦(しゃか)のこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

教主【きょうしゅ】

教祖

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

きょうしゅ【教主】

一つの宗教を始めた人。教祖。また、教祖の後継者として、教団を中心的に指導する者。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の教主の言及

【祖師】より

…したがって,日本の仏教では宗祖,元祖,派祖などのことばでも呼ばれる祖師が,きわめて重要な意味をもっているといえよう。一般に,仏教の開祖である釈迦は教主と呼ばれ,信仰の対象である祖師のような人格的な面をもっていない。 宗派ごとに祖師への信仰は強く,さまざまな宗教儀礼が生まれた。…

※「教主」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

教主の関連キーワードゴービンド・シングイマン・アフマドバハー・アッラーアガ・カーン4世阿【しゅく】仏十二イマーム派アリ・カーン出口王仁三郎イドリス1世水野 くら子西方阿弥陀柴田 花守九品の教主阿弥陀如来毘盧遮那仏カールサー出口日出麿付法の八祖御木 徳近金光 摂胤

教主の関連情報