教主(読み)キョウシュ

  • きょうしゅ ケウ‥
  • きょうしゅ〔ケウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「きょうじゅ」とも)
① 教えを開いた人。仏をさす。
※観智院本三宝絵(984)下「不軽菩薩はくだれるかたちなり。うちのりし人未来の教主也と思はさりき」
※平家(13C前)二「夫証城大菩薩は、済度苦海の教主、三身円満の覚王也」 〔弁正論‐六〕
② 一宗一派の創始者。教祖。宗祖。
※参天台五台山記(1072‐73)一「教主一人礼仏登高座」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の教主の言及

【祖師】より

…したがって,日本の仏教では宗祖,元祖,派祖などのことばでも呼ばれる祖師が,きわめて重要な意味をもっているといえよう。一般に,仏教の開祖である釈迦は教主と呼ばれ,信仰の対象である祖師のような人格的な面をもっていない。 宗派ごとに祖師への信仰は強く,さまざまな宗教儀礼が生まれた。…

※「教主」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android