コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴーブ ゴーブGove

3件 の用語解説(ゴーブの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴーブ
Gove

オーストラリア,ノーザンテリトリー北東部,アーネムランド北東端のボーキサイト採掘地。集落名はナランバイ。近くにアボリジニの居住地イルカラがあり,鉱業開発をめぐってアボリジニの権利との論争の舞台となっている。アルミナ精錬所がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゴーブ【Gove】

オーストラリア,ノーザン・テリトリー北部,アーネム・ランド北東端のボーキサイト鉱山。都市名,空港名はナランバイNhulunbuy(人口3800,1986)。ウェーパ(クイーンズランド州北端)とならぶ同国の代表的ボーキサイト産地で,埋蔵量約2.5億t,1972年採掘開始。アルミナ精錬所がある。ボーキサイト188万t,アルミナ104万tを輸出(1977)。ローヤルティ(鉱区使用料)は特別の基金制度を通じて原住民に還元される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴーブ
ごーぶ
Gove

オーストラリア、ノーザン・テリトリー北東端のボーキサイト鉱山。都市名と空港名はナランバイNhulunbuy(人口3695。1996)。埋蔵量約2億5000万トン。1972年採掘開始。アルミナ精錬所もあり、ボーキサイト、アルミナを輸出する。なおロイヤルティ(鉱山使用料)は先住民に還元される。[谷内 達]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゴーブの関連情報