コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイエンス・カフェ さいえんすかふぇ

知恵蔵の解説

サイエンス・カフェ

科学者と市民がひざを交えて話し合う欧州発祥のイベント。日本学術会議が2006年に全国展開して、国内でも知られるようになった。科学の行方は科学者だけで決められるものではなく、市民と情報を共有し、ともに考えていく必要がある、という発想に基づく。科学を身近に感じてもらいたいという科学者側の狙いもあり、リラックスできる場所で少人数の参加者が自由に話すという形式が基本。お酒が出るものは「サイエンス・キャバレー」と呼ばれることもある。

(高橋真理子 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

サイエンス・カフェの関連キーワード東京工業大学博物館

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android