サイエンス・カフェ(読み)さいえんすかふぇ

知恵蔵の解説

サイエンス・カフェ

科学者と市民がひざを交えて話し合う欧州発祥のイベント。日本学術会議が2006年に全国展開して、国内でも知られるようになった。科学の行方は科学者だけで決められるものではなく、市民と情報を共有し、ともに考えていく必要がある、という発想に基づく。科学を身近に感じてもらいたいという科学者側の狙いもあり、リラックスできる場所で少人数の参加者が自由に話すという形式が基本。お酒が出るものは「サイエンス・キャバレー」と呼ばれることもある。

(高橋真理子 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サイエンス・カフェの関連情報