コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイドドアビーム sidedoor beam

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サイドドアビーム
sidedoor beam

サイドインパクトバーともいう。自動車のドアの内側に装着されている棒状の補強材で,側面からの衝突に対して,乗員を保護する役目をもつ。もともと,アメリカ保安基準にそって輸出車のみに装着されていたが,国内仕様車にも装着されるようになった。アメリカでは交通事故による死者のうち,乗車中の死者が7割をこえているため,1993年には側面衝突に対する基準を一層強化した。これに対応するため,より安全性を高めるための新たな対策がとられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android