コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイバー空間 サイバークウカン

3件 の用語解説(サイバー空間の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

サイバー‐くうかん【サイバー空間】

サイバースペース」に同じ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サイバー空間
さいばーくうかん
cyberspace

コンピュータ・ソフトコンピュータネットワークのように多数の人が利用できる仮想的データ空間のこと。サイバースペースともいう。1984年アメリカのSF作家ギブソンWilliam Gibson(1948― )が著作『ニューロマンサー』で初めて使用したことばである。「cybernetics(サイバネティックス人工頭脳学)」と「space(空間)」の合成語で、翻訳家の黒丸尚(くろまひさし)(1951―1993)によって「電脳空間」と訳された。同作品中では、肉体を伴った現実世界とは異なる位相をもった、生死を超越した世界として描かれ、技術的進化を遂げた未来の世界のあり方を暗示する概念であった。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サイバー空間の関連情報