サイラス・ウイア ミッチェル(英語表記)Silas Weir Mitchell

20世紀西洋人名事典の解説

サイラス・ウイア ミッチェル
Silas Weir Mitchell


1829 - 1914
米国の精神病学者,小説家。
元・ペンシルベニア大学教授。
フィラデルフィア生まれ。
ジェファーソン医学校で学び、さらにパリに遊学、ベルナールに師事する。帰国後、ペンシルベニア大学教授となる。南北戦争ではターナー・レーン病院で神経外傷患者を診療し、「神経損傷とそれらの結果」(1872年)を著す。又、神経痛の治療に「ウェアー・ミッチェル法」を創案する。医学に従事するかたわら詩や小説を発表し、優れた天分を発揮する。作品に「ジョージ・デッドローの症例」(1866年)、「ローランド・ブレーク」(1886年)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android