天分(読み)てんぶん

精選版 日本国語大辞典「天分」の解説

てん‐ぶん【天分】

〘名〙
① (が分け与えたものの) 生まれつきの才能資質天性天資
※新聞雑誌‐二号・明治四年(1871)五月「各天分の才力を伸長し」 〔列子天瑞
② 天から与えられた身分、分際、役割。天与の分限、運命。
※白石先生手簡(1725頃)三「其段一身の不幸の天分に可」 〔世説新語賢媛
③ 天から命じられた職分。天職

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「天分」の解説

てん‐ぶん【天分】

生まれつきの性質・才能。「天分に恵まれる」「天分を発揮する」
天から与えられた身分・職分。「天分をわきまえる」
[類語]生得的本有的本性ほんしょう根っから持って生まれた生まれ付き生まれながら生来先天的生得天賦天稟天性天資稟性素質資質資性美質特質特性属性能力

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「天分」の解説

【天分】てんぶん

天性。生まれつき。〔列子、天瑞〕なるは天のなり。(こつがい)なるは地のなり。、形を離るるときは、各其の眞に歸す。

字通「天」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android