サイン計画(読み)さいんけいかく(英語表記)sign system

図書館情報学用語辞典の解説

サイン計画

利用者を的確に図書館サービスへ導くため,個々のサインと図書館サービスを体系的に組み合わせた上でサインを計画的に配置すること.サインは,機能面から,誘導,識別,指示に大別される.誘導サインは,主要エリアへの方向を示して目的場所へと導き,識別サインは,カウンター,書架,オンライン閲覧目録など誘導箇所を特定・識別し,指示サインは,各種利用案内や説明,禁止,注意などの規制を示す.例えば,書架案内には,館内全体を表す書架配置図や書架ごとに付す書架見出しなどが用いられる.サインの表示には,文字,ピクトグラフなどの視覚的なもの,音声,音楽などの聴覚的なもの,あるいは点字プレート,手すりなど触覚的なものがある.障害者を始め多様な利用者を想定したサイン計画が必要とされている.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android