コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイン さいんshort interspersed element

知恵蔵の解説

サイン

SINE」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

サイン(sign)

[名](スル)

㋐署名すること。署名。「小切手にサインする」
㋑スポーツ選手や芸能人などがファンのために自分の名前を色紙などに書くこと。英語ではautographという。
符号。信号。また、合図すること。「目くばせでサインを送る」
スポーツで、示し合わせた合図によるプレーの指示。シグナル

サイン(sine)

三角比三角関数の一。直角三角形で、一つの鋭角について、斜辺に対する対辺の比。また、これを一般角に拡張して得られる関数記号sin 正弦正弦関数

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

サイン

正弦とも。三角関数の一つ。角Cを直角とする直角三角形ABCでBC/ABを角Aのサインといい,sin Aと書く。→コサインタンジェントサインバー
→関連項目コセカント

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

サイン

韓国のテレビドラマ。2011年1月放映開始(全20話)。法医学をテーマとするサスペンス。出演は、パク・シニャン、キム・アジュン、チョン・ギョウンほか。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サイン【sign】

(1)コミュニケーション論,記号論などの用語で,〈信号〉〈記号〉〈合図〉などと訳される。英語の原義には,神や自然から人間への〈しるし〉というような意味が強い。記号信号(2)署名。英語の動詞〈sign(署名する)〉の意味から,日本語の慣用語となった言葉。署名【編集部】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

サイン【sign】

( 名 ) スル
合図。暗号。また、合図すること。 「首を振って-する」 「 -を送る」
署名すること。また、署名。 「契約書に-する」

サイン【sine】

三角関数の一。正弦。記号 sin   → 三角関数

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サイン

三角関数」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のサインの言及

【看板】より

…最も一般的な店の標示で,近世から現代にかけて,日本・中国・欧米諸国を主とし,広く全世界各地で発達したものである。日本では看板,中国では招牌(チヤオパイ)・望子(ワンズ)または幌子(ホワンズ)と呼ばれ,英語ではサインボードsignboard,あるいはサインsign,フランス語ではアンセーニュenseigne,ドイツ語ではツァイヘンZeichenと呼ばれている。看板は広告塔・はり紙などとともに屋外広告物に含まれ,常時または一定の期間継続して屋外で公衆に表示されるものとされている。…

※「サイン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サインの関連キーワード獣帯・ゾーディアックログアウト/ログオフsign ballトロピカル星座ハンドシグナルピースマークミュータブルシグネチャーフィックスド携帯ふでペンオートグラフチョキちゃんサインプレーオウンサイン12ハウス12サイン黄道十ニ宮電気サイン間接サインサイン計画

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サインの関連情報