カウンター(読み)かうんたー

  • counter

デジタル大辞泉の解説


㋐銀行・事務所・商店などで、客との応対・会計などに用いる、仕切りを兼ねた長い台。受付台。勘定台。帳場。
㋑飲食店などで、客と調理場を仕切る細長いテーブル。

㋐計数器。計算器。「ガイガーカウンター
㋑計算する。数取り。
反対。逆。また、反撃・反抗。「カウンターパワー」
カウンターアタック」「カウンターブロー」などの略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

相手が攻撃してきたところを逆に入り込んで打ち返す戦法。当たれば、パンチの衝撃度は大きい。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

に無関係に回った回数の測定や数値を計数する装置で,回数計,度数計,数取り,積算回転計,積算計などとも呼ばれている。歯車を利用した機械式と電磁石を利用した電気式に大別され,さらに電気的なパルス信号を計数するものに,パルスカウンター,一定の時間内だけのパルスを計数する(この場合は,回転数や周波数となる)ユニバーサルカウンターなどがある。手持式回数計は先端部を回転体の中心部に押しつけて回転数を表示させる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

放射線検出器のうち,放射線の粒子1個ずつを計数する装置。気体の電離現象を用いた計数管 (ガイガー=ミュラー計数管比例計数管電離箱 ) ,固体内の電離現象を用いた固体検出器 (半導体検出器 ) ,発光現象を用いた検出器 (シンチレーションカウンターチェレンコフ計数器 ) などがあり,ガイガー=ミュラー計数管以外はどれも放射線のエネルギー測定が可能である。通常はガイガー=ミュラー計数管をさすことが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (counter 「数える人」「数える道具」の意)
① (事務所、銀行、飲食店などで)客との応対、会計などに用いる、客側と従業員側とを仕切るテーブル。細長いものの場合が多い。
※あめりか物語(1908)〈永井荷風〉夜半の酒場「カウンターに身を倚せながら労働者の一群が各コップを片手に」
② 動作の回数を数える装置。計数器。
③ トランプなどのゲームで得点計算に使われる牌、象牙、木など。
〘名〙 (counter 「逆に」の意)
① ボクシングやレスリングで相手のかけた技を利用してしかえすこと。ボクシングのカウンターブローなど。
② フィギュアスケートで、ターンする時、前とは逆方向に弧を描くこと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カウンターの関連情報