コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カウンター かうんたー

9件 の用語解説(カウンターの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

カウンター

数をカウントする回路のこと。計数器とも呼ばれる。複数のフリップフロップ回路を接続して構成される。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

カウンター(counter)


㋐銀行・事務所・商店などで、客との応対・会計などに用いる、仕切りを兼ねた長い台。受付台。勘定台。帳場。
㋑飲食店などで、客と調理場を仕切る細長いテーブル。

㋐計数器。計算器。「ガイガーカウンター
㋑計算する係。数取り。

カウンター(counter)

反対。逆。また、反撃・反抗。「カウンターパワー」「カウンターアタック」
カウンターブロー」の略。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

カウンター

相手が攻撃してきたところを逆に入り込んで打ち返す戦法。当たれば、パンチの衝撃度は大きい。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
とっさの日本語便利帳について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カウンター【counter】

時間に無関係に回った回数の測定や数値を計数する装置で,回数計,度数計,数取り,積算回転計,積算計などとも呼ばれている。歯車を利用した機械式と電磁石を利用した電気式に大別され,さらに電気的なパルス信号を計数するものに,パルスカウンター,一定の時間内だけのパルスを計数する(この場合は,回転数や周波数となる)ユニバーサルカウンターなどがある。手持式回数計は先端部を回転体の中心部に押しつけて回転数を表示させる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

カウンター【counter】

帳場。勘定台。
計算器。計数器。 「ガイガー--」
遊戯の勝敗の計算に用いる算木やチップの類。数取り。
酒場などで、客席と調理場とを仕切り、客が飲食をする細長い台。 「 -席」
店舗などで、客と応対するための細長い台。 「サービス--」

カウンター【counter】

〔逆の、反対の、の意〕
スポーツで、相手の攻撃の力を利用して、逆に攻撃すること。
フィギュア-スケートで、ターンのときに、それまでとは逆方向に弧を描くこと。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

カウンター【counter】

飲食店・銀行・店舗・役所などで、客や利用者と応対するために設けた横に細長いテーブルダイニングキッチンの間にカウンターを設けたカウンターキッチンなど、一般住宅にも取り入れられている。

出典|講談社
家とインテリアの用語がわかる辞典について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カウンター
カウンター
counter

放射線検出器のうち,放射線の粒子1個ずつを計数する装置。気体の電離現象を用いた計数管 (ガイガー=ミュラー計数管比例計数管電離箱 ) ,固体内の電離現象を用いた固体検出器 (半導体検出器 ) ,発光現象を用いた検出器 (シンチレーションカウンターチェレンコフ計数器 ) などがあり,ガイガーミュラー計数管以外はどれも放射線エネルギー測定が可能である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カウンターの関連情報