コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サカ暦 サカれきSaka Era

1件 の用語解説(サカ暦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サカ暦
サカれき
Saka Era

西暦 78年を紀元とするインドの暦シャカ Śaka暦とも呼ばれる。西インドのウッジャイニー (ウッジェーニー) を支配したサカ (シャカ) 族の王によって定められたといわれるが,確実なことはわからない。クシャン朝ウィマ・カドフィセース王あるいはカニシカ王の即位を記念した暦とみる歴史家もある。西インドに起源するこの暦は,前 58年を紀元とするビクラマ暦 (→ビクラマ紀元 ) と並んでインドで広く用いられ,東南アジアにも伝えられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone