コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サクララン(桜蘭) サクラランHoya carnosa; wax plant

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サクララン(桜蘭)
サクララン
Hoya carnosa; wax plant

ガガイモ科の常緑多年生のつる草。園芸界では属名ホヤと呼ばれることも多い。沖縄,台湾などアジア東南部の熱帯,亜熱帯に自生する。南九州にも自生しているが,観賞用に温室で栽培される。茎から不定根を出して樹木や岩上をはう。葉は対生し,長さ5~10cmの楕円形で質が厚く,緑白色をしている。夏に,葉腋に太く短い散形花序を出し,よい香りのある淡紅色の星形の花を多数密につけて美しい。花後に長さ 1cmあまりの細長い莢状の実をつける。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

サクララン(桜蘭)の関連キーワードガガイモ科

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android