ホヤ

栄養・生化学辞典の解説

ホヤ

 脊索動物門ホヤ綱の海に棲む動物.マボヤHalocynthia roretzi]や,アカボヤ[H. aurantium]などの主に筋肉を食用にする.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ホヤ

尾索類ホヤ目に属する原索動物の総称。種類が多く,すべて海産。幼生はオタマジャクシ形で尾部に脊索をもち,自由に泳ぐが,成体は海岸の石,海藻,船底,貝殻の表面,養殖筏(いかだ)などに固着して生活。単体のもの(マボヤ,アカボヤ,シロボヤ,ユウレイボヤ)と小さな個虫が互いに体の一部でつながって群体をつくるもの(イタボヤ,キクイタボヤ)とがある。個体は入水孔と出水孔とがあり,その間は消化腔で連絡される。東北,北海道に分布するマボヤ,アカボヤ,スボヤは酢の物,吸物などにして美味。
→関連項目原索動物

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

食の医学館の解説

ホヤ

《栄養と働き&調理のポイント》


 ホヤは「海花」「保夜」と書いたりしますが、一般的には「海鞘」です。これは、かたい外皮を鞘(さや)に見立てたといわれています。ホヤの外皮は、ゴムのようなイボイボが多数あり、それをむくとオレンジ色の身が現れます。
 体長は約15cm、幅は約10cm。三陸海岸や牡鹿(おが)半島以北の沿岸に生息し、3年で食用の大きさになります。雌雄同体で、身が厚くなり、うまみが増す旬(しゅん)は、初夏です。
○栄養成分としての働き
 体の約90%が水分で、ホヤには際だった成分はありませんが、低カロリーなのに鉄や亜鉛(あえん)が多いのが特徴です。
 鉄は、血液中のヘモグロビンの成分になり、鉄が不足すると、貧血状態になって、疲れやすくなったり、息切れ、めまいなどの症状が起こりやすくなります。
 そして亜鉛は、味覚や嗅覚を正常に保つのに必要な成分です。また、子どもには発育に不可欠で、成人では、皮膚や髪の健康を保つうえで必要な栄養素です。
 亜鉛が不足すると、味覚異常、発育不全、肌荒れ、抜け毛などが生じやすくなります。
 調理は、外鞘(がいしょう)を裂き、中身を取りだし、身の中央にある黒い内臓を取り除きます。身を薄切りし、キュウリとあわせた酢のもののほか、煮もの、焼きもの、新鮮なら刺身のままでもおいしくいただけます。

出典 小学館食の医学館について 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

ホヤ[水産]
ほや

東北地方、宮城県の地域ブランド。
宮城のほやの漁獲量は全国第1位で、全国シェアのおよそ8割を占める。ホヤ(マボヤ)は主に初春から夏にかけて獲られる。そのかたちから海のパイナップルと呼ばれ、宮城を代表する夏の珍味として知られる。刺身や酢の物など多くは生で食べられるほか、蒸しほや・くんせい・塩辛など珍味加工品としても人気がある。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホヤの関連情報