コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サクロボスコ Joannes de Sacrobosco

1件 の用語解説(サクロボスコの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

サクロボスコ【Joannes de Sacrobosco】

13世紀前半のイギリスの数学者,天文学者。生没年不詳。英名はJohn of Holywoodで,サクロボスコ(またはサクロブスコSacrobusco)という名は,彼の出身地ヨークシャーのホリウッドをラテン訳したもの。まずオックスフォード大学で学び,後にパリに出てパリ大学の教師となり,同地に没した。彼は《天球論》《一般計算法》および《教会暦算法》を著した。そのうち最も有名なものは1233年ごろ編まれた《天球論》で,多くをファルガーニーの天文書によっているが,その簡潔な要を得た叙述によって,17世紀前半まで,アリストテレス=プトレマイオス的な天動説宇宙論の基準的教科書として用いられ,西欧ラテン世界の知識人に大きな影響を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サクロボスコの関連キーワードガウス祖沖之フワーリズミーメビウスラプラスイギリスオランダ戦争ディオファントスピュタゴラスイギリス巻イギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone