コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サシコエ サシコエ

1件 の用語解説(サシコエの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サシコエ
サシコエ

日本音楽の声楽における旋律形態の名称。いわゆる曲節または旋律型として,楽曲構成部分名称ともなっている。「指声」「刺声」などとも書かれ,「さしごえ」ともいい,略して「サシ」ともいう。一般に,韻律のある歌詞であっても,全体的に旋律性に乏しく朗誦に近い形態についていい,種目によって多少内容が異なる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のサシコエの言及

【サシ】より

…この楽曲の〈上音〉は他の上音より音高が低く,〈サシ上音〉と呼ばれる。サシは流派により〈サシコエ〉(指声)ともいうが,この用語は声明(しようみよう)や平曲で,リズムの変化がなくさらさらと歌われる楽曲を意味する。【松本 雍】。…

※「サシコエ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サシコエの関連キーワード音頭声明伴奏ヘテロフォニーラーガ声楽家日本音楽和洋合奏フシ(節)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone