くどき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

くどき
くどき

日本音楽用語。「口説」「詢」「クドキ」とも書く。平曲、謡曲、浄瑠璃(じょうるり)などの楽曲構成単位を示す語でもあり、民謡、歌謡の形式名、曲名にも用いられる。
(1)平曲 ことばに近い単調な旋律をもつ朗唱的曲節の名称で、段落の冒頭に用いられることが多い。曲節中もっとも出現頻度が高い。
(2)謡曲 シテやツレ、子方などが慕情や傷心を述べる詠嘆的な内容の小段をさす。低音域を主体とした弱吟(よわぎん)で拍子不合(ひょうしあわず)。普通は囃子(はやし)を伴わない。
(3)義太夫節(ぎだゆうぶし) 一段のなかほどで女性が心情を吐露する部分で、一つの頂点をつくる。「サワリ(サハリ)」ということもある。
(4)豊後節(ぶんごぶし)系浄瑠璃、長唄(ながうた) 曲の中ほどで数人で分担して演唱する詠嘆的な旋律をさし、曲の聞かせどころとなる。また所作事(しょさごと)を伴う場合は、同時に踊りの見せ場にもなる。鳴物(なりもの)は原則として入らない。
(5)民謡、歌謡 江戸時代の叙事的な長編歌謡をさし、それが他の曲種と結び付いて「木遣(きやり)口説」「踊(おどり)口説」「越後(えちご)口説」などになる。また沖縄の口説(くどうち)は江戸時代に本土から伝えられたもので、三線(さんしん)の弾きうたいによる。『上り口説』が有名である。[由比邦子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

くどきの関連情報