コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サッカーの用語 さっかーのようご

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サッカーの用語
さっかーのようご

アシスト assist
 得点に結び付くパスを送ること。得点と同様記録される場合もある。
アタッキング・サード attacking third
 フィールドを3分割し、相手のゴールに近い3分の1のエリアのこと。
アドバンテージ advantage
 反則によるゲームの中断が、反則を犯した側に有利に展開すると判断したとき、主審が処罰せずにゲームをそのまま続行すること。
アンカー anchor
 最終バック・ラインの前に配置された守備的選手。スウィーパーと対照的な位置に配置された選手。
インステップ・キック instep kick
 足の甲の正面を用いてボールをける、もっとも基本的なキックの方法。
インターセプト intercept
 相手のパスをカットしてボールを奪うこと。
オーバーヘッド・キック overhead kick
 自分の頭越しに後方にけること。
クリア clear
 ゴールが危機にさらされた際、キックあるいはパンチングなどで危機を脱すること。
クロス cross
 ボールをもっている地点から逆サイドに送るパス。ゴール前に送ればセンタリングともよばれる。
クロス・バー cross bar
 ゴール・ポスト2本の上に渡された水平な横木。
ゲーム・メーカー
 和製英語。試合でチーム全体をリードする、かなめになる選手。英語ではスキーマーschemerまたはプレー・メーカーplay makerという。
ゴール・ゲッター goal getter
 得点能力の優れた選手。
ゴール・マウス goal mouth
 ゴール前の危険なエリア。昔はゴール・エリアのことを意味した。ゴールやゴール・ポスト、クロス・バーの意味ではない。
サイド・キック side kick
 足の側面を用いて、小さく横にけるキック。足の外側でけるアウトサイド・キックと、内側でけるインサイド・キックとがある。
サポーター supporter
 サッカーの熱烈なファン。代表チーム、クラブチームなど特定のチームを支援していることが多い。
サポート support
 ボールをもっている選手を助ける動き。
スウィーパー sweeper
 ゴールキーパーとバックスの間に位置してバックスの背後をカバーする選手。
スライディング・タックル sliding tackle
 相手のパスやドリブル中のボールを奪うために身を挺(てい)して行うタックル。
スルー・パス through pass
 相手側ディフェンスの間を通して守備側の背後に送るパス。
セット・プレー set play
 フリー・キックやコーナー・キックのようにボールを静止した状態から試合を再開するプレー。
セービング saving
 ゴールキーパーが得点を阻止するため身を挺して球を止めること。
センタリング centering
 攻撃側選手がタッチ・ライン近くから、相手ゴール前にボールを送ること。
ゾーン・プレス zone-press
 相手にボールが渡った瞬間に、ボールをもった相手選手に複数の選手がプレッシャーをかけてボールを奪い、すばやく攻撃に転ずる戦術。
退場 sent off the field
 主審にレッドカードを示された場合、フィールドだけでなくベンチに残ることも禁止される。
第4の審判員 The fourth official
 主審、副審に事故があった場合に交替する。選手交替やベンチ・コントロールなど、試合の運営に協力する。競技会規定により任命することができる。
トライアングル・パス triangle pass
 三角パスのこと。選手Aがボールをいったん味方のBにパスし、またBからパスを受けることによって、相手側選手を抜くパス。三角形に近い連係のなかにボールを保ちパスをする攻撃法。
トラッピング trapping
 体の一部(足・胸など)を使って、飛んでくるボールを止めて、自分のボールとし、次の動作に移れるようにすること。
ドリブル dribble
 足でボールを転がしながら運ぶこと。
ドロップ・キック drop kick
 ボールが地上に落ち、はずんだ瞬間にけること。ハーフボレー・キックともいう。
バイシクル・キック bicycle kick
 空中にあるボールをけるときに、最初にけり足と反対の足を振りあげ、その足を振りおろす反動でけり足を振り、頭越しに後方にボールをけるキック。
バイタル・エリア vital area
 得点が生まれる可能性の高い、ゴールに近いエリア。
ハット・トリック hat trick
 1試合で、1人の選手が3点得点をあげること。クリケットの用語が転用された。
ハンドリング handling
 略してハンド。プレー中に故意に手や腕を使ってボールに触れることで、反則となる。
ヒール・キック heel kick
 かかとでボールをけるキック。
フィールド field
 サッカーの試合をするグランド。とくにプレーするエリアをピッチpitchとよぶ。なおサッカーのプレーのエリアをコートとよぶのは間違い。コートは「法廷」からきたことばで、狭い四角のエリアのこと。テニス・バレー・バスケットなどはコート、サッカー・ホッケー・ラグビーではフィールドとよぶ。
プレッシャー pressure
 自由にプレーができないように相手の選手に体を寄せたり、間合いをつめてかける圧力。プレッシャーをかけるという。
ヘッディング heading
 サッカー特有の技で、ボールを額に当ててゴールシュートやパスを行うこと。ヘディング。
ボランチ volante
 ポルトガル語でハンドル、梶(かじ)の意味。攻守にわたり、ボールにできるだけ多く関与して、攻守の第一歩を組み立てる選手。ブラジルで使われ、Jリーグ結成後、日本でも使われるようになったことば。
ボレー・キック volley kick
 ボールが地面に落ちないうちにけること。
リベロ libero
 イタリア語で「自由」の意味。基本的にはスウィーパーと同じポジションをとり、マークする特定の選手をもたず、攻撃にも自由に参加する選手。

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

サッカーの用語の関連キーワードDACアシストAHS