サッシュベルト(読み)さっしゅべると(英語表記)sash belt

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

飾り帯のこと。装飾的な幅広の、柔らかい材質でできた、締め金具を使わない腰帯をサッシュsashといい、日本ではこれをサッシュベルトとよんでいる。サッシュには、このような飾り腰帯や肩にかけるスカーフの類と、軍人などが肩から斜めにかける肩帯(けんたい)や肩章などの意味がある。中世までは肩帯だけを意味し、今日のような飾り腰帯が登場するのは14世紀になってからである。サッシュの名で服装に取り入れられたのは16世紀以降のことで、部屋着の装飾ベルトとして男女ともに流行した。階級を示す肩章も騎士などに盛んに用いられた。18世紀以降、女性の正装にも登場し、今日ではおもに女性用装飾帯となっている。男性用としてタキシードに着けるカマーバンドcummerbandがあり、日本の兵児(へこ)帯、スペインのファハfajaやフィリピンのタピスtapisなど民族服にはサッシュの類が多い。

[田中俊子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android