サツキマス

百科事典マイペディアの解説

サツキマス

サケ科の魚。サツキマスは降海型の名称で,同一種の河川型はアマゴという。酒匂川以西の本州太平洋側,四国,九州の瀬戸内海側に分布。体色は銀白色で体側に朱点があるが,個体変異が著しく無斑になるものも少なくない。アマゴは河川の上流域にすみ,生態はヤマメとほぼ同じ。降海するものの大部分は雄である。海に下ったサツキマスのうち,よく肥ったものは,俗にタイコマスとも呼ばれる。4〜5月に遡上し,産卵期は10〜11月。アマゴでは全長30cmを超えるものはまれだが,サツキマスは通常35〜40cm,まれに50cmを超える。6〜7月のアマゴはきわめて美味で,バター焼きや塩焼きにして賞される。渓流釣りの対象魚として,人気も高い。サツキマスの漁獲量は多くはないが,長良川ではまとまってとれ,最高級魚扱いされる。このため河口堰の建設のさいには,この魚の保護が大きな争点となった。準絶滅危惧(環境省第4次レッドリスト)。なお,サツキマスとビワマスを同一種とする説もある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

サツキマス

渓流に生息するアマゴの一部が、海に下って成長。5月ごろ、産卵で川に戻ることからその名が付いた。成長すると、アマゴ特有の縦文様が消え「銀毛化」する。川では昆虫、海では主にイカナゴやイワシなどの小魚、プランクトンなどを食べる。神奈川県以西の太平洋側から、瀬戸内海に面した九州地方に分布する。

(2012-11-17 朝日新聞 朝刊 熊野 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android