コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河口堰 かこうぜき salinity barriers

4件 の用語解説(河口堰の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

河口堰
かこうぜき
salinity barriers

大河川の河口近くに河川を横断して造られる堰。海水の浸入を制限して堰上流の淡水化をはかり,河川の流末に集る水を有効に利用するために設けられる。一般にゲート (水門扉) が主体をなし,洪水時にはゲートを上げて,洪水を支障なく流下させる構造になっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かこう‐ぜき【河口×堰】

河口近くに設けられる、水をせき止める施設。海水の流入防止、淡水の貯留・利用などを目的とする。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かこうぜき【河口堰】

河口に設けた堰。海水の浸入を防ぎ、淡水を蓄えて水資源の利用などを図る。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

河口堰
かこうぜき
estuary barrage

塩害の防止や用水の供給のために感潮部(感潮域)に設置される堰。河口堰にはゲートが備えられる。河川流量や潮汐(ちょうせき)の干満に応じてゲートを操作して堰上流の水位と堰からの放流量を調節し、塩水の遡上(そじょう)を阻止して塩害を防止し、河川水を貯留して水道用水、工業用水、灌漑(かんがい)用水などとして供給する。洪水時にはゲートを開けて洪水を流下させる。河口堰には必要に応じて魚道や閘門(こうもん)が設置される。利根(とね)川河口堰(茨城県・千葉県、1971年完成)、遠賀(おんが)川河口堰(福岡県、1980年完成)、芦田(あしだ)川河口堰(広島県、1981年完成)、筑後(ちくご)川河口堰(福岡県、1984年完成)、長良(ながら)川河口堰(三重県、1994年完成)などがある。利根川河口堰は河口から18.5キロメートルの地点に建設され、塩水の遡上を阻止して利根川下流部の塩害を防止するとともに、千葉県に水道用水、工業用水、灌漑用水、東京都と埼玉県に水道用水を供給する。
 河口堰が建設されると、魚の遡上・降下や船の航行の妨げになる、海水の遡上が阻止されることにより堰上流の魚介類の生息環境に影響を与える、堰上流の貯水域の水質の悪化が懸念される、堰による河道内の水位上昇により河川周辺の排水の困難や地下水位の上昇がもたらされるなどの問題が生ずる。このような問題に対処するために、魚道や閘門を設置したり、上げ潮時に塩害が生じない範囲で堰上流に塩水が遡上するようにゲートを操作したり、貯留水の滞留時間を短くするようにゲートを操作したり、河川から堤内地への浸透を抑制するために河道に沿って止水壁を設置するなどの対策がとられる。川 登]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

河口堰の関連キーワード閘門床固め平衡河川堰堤左岸導水橋導流堤平衡断面河川法改正不法係留

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

河口堰の関連情報