コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒匂川 さかわがわ

7件 の用語解説(酒匂川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酒匂川
さかわがわ

神奈川県南西部を流れる川。全長約 45km。古くは丸子 (まりこ) 川ともいった。富士山の東斜面に発する諸河川を集める鮎沢川と,丹沢山地西部を南流する河内川が合流して酒匂川となる。東流ののち南流して,小田原市で相模湾に注ぐ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さかわ‐がわ〔‐がは〕【酒匂川】

神奈川県西部を流れ、小田原市の東で相模湾に注ぐ川。古くは丸子(まりこ)川ともいい、たびたび洪水が起こった。長さ約50キロ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

酒匂川【さかわがわ】

神奈川県西部の川。長さ50km。上流は富士山東麓に発する鮎沢川で,山北町付近で河内川,松田町で川音川(四十八瀬川)を合わせ,南流して小田原市で相模湾に注ぐ。下流は酒匂平野小田原平野とも)といわれる沖積平野で,古来洪水が多かった。
→関連項目大井[町]小田原[市]小山[町]神奈川[県]御殿場[市]サツキマス水源の森林づくり事業松田[町]ヤマメ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さかわがわ【酒匂川】

神奈川県西部の川。富士山東麓の静岡県御殿場付近から流出して北東流し神奈川県に入る鮎沢川と,神奈川県北西部の丹沢山地西部から発して南流する河内(かわち)川とが合して酒匂川となり,箱根火山と大磯丘陵との間の足柄(あしがら)平野を南東流して小田原市酒匂で相模湾に注ぐ。幹川流路延長46km,全流域面積582km2。足柄平野の北端では丹沢山地から流出する川音(かわと)川を合わせ,平野の南端部では箱根外輪山から流出する狩川を合わせる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さかわがわ【酒匂川】

富士山の東斜面に源を発し、神奈川県西部を流れて小田原付近で相模湾に注ぐ川。長さ約50キロメートル。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔神奈川県〕酒匂川(さかわがわ)


神奈川県西部を流れる川。2級河川(酒匂川水系)。延長27km。富士山東麓(とうろく)を流れる鮎沢(あゆさわ)川が神奈川県に入って名を変え、丹沢(たんざわ)山地を流れる河内(かわうち)川と合流。丹沢山地と足柄(あしがら)山地の間に渓谷を刻み、足柄平野を南東流して、小田原(おだわら)市で相模(さがみ)湾に注ぐ。古くは鞠子(まりこ)川・丸子(まるこ)川とも。下流域の足柄平野は洪水にしばしば襲われ、江戸後期には二宮尊徳(にのみやそんとく)が治水事業を行ったことで知られる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酒匂川
さかわがわ

神奈川県西部の足柄(あしがら)平野を流れる川。延長46キロメートル。流域面積582平方キロメートル。富士山東斜面の水を集める鮎沢(あゆさわ)川と、丹沢(たんざわ)山地西部の河内(かわうち)川の2川を源とし、松田町で秦野(はだの)盆地西部から下る四十八瀬(しじゅうはっせ)川をあわせ、小田原市で相模(さがみ)湾に注ぐ。古くは丸子(まりこ)川ともよばれた。この川は土砂の搬出量が多く、足柄平野のほとんど全域にわたって扇状地をつくり、三角州は河口近くの小地区にみられるにすぎない。そして、昔からたびたび洪水が起こったが、江戸中期の宝永(ほうえい)山の爆発のときに降った火山灰で本流がせき止められ、それが翌年の梅雨期の増水で一挙に流出し、谷口部の堤防を決壊し、復旧に18年間もかかったことは有名。江戸後期に下流部で起こった洪水では被災村落がひどく困窮し、二宮尊徳(にのみやそんとく)の報徳仕法で復興したことも広く知られている。下流流域では扇状地の豊富な伏流水を利用して、フィルム、印画紙などの写真材料や繊維、印刷などの近代工業がおこった。また、神奈川県内の水資源確保のため河内川上流に酒匂ダム(完成時は三保ダム)をつくって貯水し、下流の飯泉(いいいずみ)取水堰(しゅすいぜき)で取水する酒匂川総合開発事業が行われた。また、酒匂川は古くから天然アユの豊富さで知られ、首都圏有数の好釣り場となっている。[浅香幸雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

酒匂川の関連キーワード浅野川綾川烏川小糸川高麗川相模川道志川神奈川県足柄上郡大井町神奈川県小田原市酒匂神奈川県小田原市西酒匂

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

酒匂川の関連情報