コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サトゥク・ボグラ・ハーン Satuq Boghra Khān

世界大百科事典 第2版の解説

サトゥク・ボグラ・ハーン【Satuq Boghra Khān】

?‐955
カラ・ハーン朝の君主。中央アジアのトルコ族のイスラム改宗伝説(サトゥク・ボグラ・ハーン伝説)の主人公。伝承によれば,カラ・ハーン朝の王子サトゥクは少年時代にイスラムを受容し,25歳の年,自らが改宗させた50人の部下たちを中核とするムスリム戦士団を率いて,異教徒の地であるカラ・ハーン朝の一首都カシュガルを征服,この地にイスラム政権を樹立して遊牧トルコ族のイスラム化を促進したと伝えられる。【間野 英二】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のサトゥク・ボグラ・ハーンの言及

【カラ・ハーン朝】より

…O.プリツァクの説によると,840年ウイグル王国が崩壊すると,その支配下にあったカルルク部族連合体が独立,チュー河畔のベラサグンを本拠に新王朝を開いたとされる。サトゥク・ボグラ・ハーンの時代に初めてイスラムを受容し,続くムーサーの時代に当たる960年には20万帳に上る遊牧トルコ人がイスラム化したという。以後の諸ハーンは東トルキスタンのホータン,クチャなどの仏教圏に聖戦(ジハード)を敢行するかたわら,999年にはブハラを占領してサーマーン朝を滅ぼし,マー・ワラー・アンナフルのトルコ化を促進した。…

※「サトゥク・ボグラ・ハーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サトゥク・ボグラ・ハーンの関連キーワードアガペツス2世瀧口友里奈オットー[2世]ヨハネス[12世]オルドニョ3世ラウワード朝民主党の混乱と再生一票の格差碓井貞光Vladimir

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android