コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サトゥク・ボグラ・ハーン Satuq Boghra Khān

1件 の用語解説(サトゥク・ボグラ・ハーンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

サトゥク・ボグラ・ハーン【Satuq Boghra Khān】

?‐955
カラ・ハーン朝の君主。中央アジアトルコ族イスラム改宗伝説(サトゥク・ボグラ・ハーン伝説)の主人公。伝承によれば,カラ・ハーン朝の王子サトゥクは少年時代にイスラムを受容し,25歳の年,自らが改宗させた50人の部下たちを中核とするムスリム戦士団を率いて,異教徒の地であるカラ・ハーン朝の一首都カシュガルを征服,この地にイスラム政権を樹立して遊牧トルコ族のイスラム化を促進したと伝えられる。【間野 英二】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のサトゥク・ボグラ・ハーンの言及

【カラ・ハーン朝】より

…O.プリツァクの説によると,840年ウイグル王国が崩壊すると,その支配下にあったカルルク部族連合体が独立,チュー河畔のベラサグンを本拠に新王朝を開いたとされる。サトゥク・ボグラ・ハーンの時代に初めてイスラムを受容し,続くムーサーの時代に当たる960年には20万帳に上る遊牧トルコ人がイスラム化したという。以後の諸ハーンは東トルキスタンのホータン,クチャなどの仏教圏に聖戦(ジハード)を敢行するかたわら,999年にはブハラを占領してサーマーン朝を滅ぼし,マー・ワラー・アンナフルのトルコ化を促進した。…

※「サトゥク・ボグラ・ハーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サトゥク・ボグラ・ハーンの関連キーワードカラハン朝中央アジアコーカンドサーマーン朝トカラ万乗の君ササン朝ペルシアスルターンハールーンアッラシード

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone