コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サハリ・バロール Sahr-i-Bahlol

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サハリ・バロール
Sahr-i-Bahlol

パキスタン北部,ペシャワルの北東,ガンダーラ地方に残る都市遺跡。2世紀頃,ガンダーラ平野の小高い丘の上にクシャン朝カニシカ王が建立した寺院タフティ・バイに隣接して建設された要塞都市の遺構で,20世紀初頭に廃虚が発見された。残された石造の土台部分から,2階建ての家々が寺院のある丘のふもとまで続いていたとみられる。5世紀中頃,中央アジアのフン民族がこの地に侵入,仏教の聖地ガンダーラと仏像の揺籃ガンダーラ美術はともに滅ぼされ,タフティ・バイの寺院とともに難を逃れたものの,12世紀に入りイスラム教徒によって破壊された。タフティ・バイとともに 1980年世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

サハリ・バロールの関連キーワードペシャワル博物館

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android