サバ領有権(読み)サバりょうゆうけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サバ領有権
サバりょうゆうけん

ボルネオ島北部のサバ地方の領有権をめぐりフィリピンマレーシアイギリスの間で争われてきた問題。 1963年マレーシア独立時に,イギリスは自国領土としてサバをマレーシアに委譲したが,一方フィリピンはサバの領有権を公式に主張,以後マレーシアと対立することになった。 77年8月の東南アジア諸国連合 ASEAN首脳会議でマルコス大統領が領有権放棄を宣言したが,法的な手続きはなんら取られず,問題解決へはいたらなかった。 87年にはサバ領有を放棄する法案が提出されたが,上院で強硬な反対に会い,事実上廃案となっている。フィリピン議会の強い反対の背景には,南部フィリピンに起り,フィリピン政府を悩ませているイスラム分離主義運動にサバ州の一部の支援があること,マレーシア政府がイスラム勢力に同情的態度を示していること,両国間で移民や労働者の不法流入の問題があることが影響している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android