コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サフラワー safflower

翻訳|safflower

栄養・生化学辞典の解説

サフラワー

 [Carthamus tinctorius].ベニバナ(紅花)ともいう.キク目キク科ベニバナ属の植物で,花から色素をとり食用色素とする.また種子から油をとる.リノール酸に富む良質のサラダ油がとれる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サフラワー
さふらわー

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のサフラワーの言及

【ベニバナ(紅花)】より

…西南アジア原産のキク科の二年草(イラスト)。サフラワーともいう。古くから南ヨーロッパ~中近東,インド,中国で栽培された。…

※「サフラワー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

サフラワーの関連キーワードサフラワー油(データノート)家族性高コレステロール血症サフラワーイエローベニバナ(紅花)サフラワーオイルnnハーブ・ティー不飽和脂肪酸サフロール黄サフラワー油ベニバナ油必須脂肪酸ボイル油油性塗料食用油脂脂肪油頭痛商品

サフラワーの関連情報