コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サフラワー サフラワーsafflower

翻訳|safflower

4件 の用語解説(サフラワーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

サフラワー(safflower)

キク科の一年草。花は薬用・染料用。種子からは食用油を採る。紅花(べにばな)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

サフラワー

 [Carthamus tinctorius].ベニバナ(紅花)ともいう.キク目キク科ベニバナ属の植物で,花から色素をとり食用色素とする.また種子から油をとる.リノール酸に富む良質のサラダ油がとれる.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

サフラワー【safflower】

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のサフラワーの言及

【ベニバナ(紅花)】より

…西南アジア原産のキク科の二年草(イラスト)。サフラワーともいう。古くから南ヨーロッパ~中近東,インド,中国で栽培された。…

※「サフラワー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サフラワーの関連情報