コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サブラタ Sabrata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サブラタ
Sabrata

リビア北西部,トリポリタニア地方北部の古い町。トリポリ西南西 64kmにある。地中海に面する漁港で,オリーブを産する。カルタゴによって建設され,前4世紀頃から定着生活が始められた町で,トリポリタニア3都市のうち,最も西に位置した。内陸からの隊商路の終着地として,貿易の拠点であり,ローマ時代に最も繁栄した。円形劇場,神殿,噴水,居住跡が発掘されており,1982年世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

サブラタの関連キーワードトリポリ(リビア)サブラータ

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android