コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリポリタニア トリポリタニア Tripolitania

4件 の用語解説(トリポリタニアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トリポリタニア
トリポリタニア
Tripolitania

アラビア語ではトラーブルス Ṭarābulus。リビア北西部の歴史上の地方名。前7世紀フェニキアの3つの都市 (レプチス・マグナオエアサブラタ ) が,元来ベルベル語族の居住していたシルト湾岸に建設され,のちにカルタゴの東部州としてラテン語トリポリタニア呼ばれるようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

トリポリタニア

アラビア語ではタラーブルス。リビア北西部の地方。大部分が砂漠で,地中海岸地方と内陸に点在するオアシスが居住地域。農業を主とし,石油などの鉱産物を産する。1952年リビア連邦王国独立とともに同国を構成する行政単位の一つとなった。
→関連項目リビア

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

トリポリタニア【Tripolitania】

リビアの地中海沿岸から内陸部にかけて同国の西半分を占める地域で,現在リビアの3行政州の一つ。面積28万5000km2,主都はトリポリアラビア語でタラーブルスṬalāburs。トリポリタニアの大半は砂漠地帯だが,地中海沿岸のわずかな地域だけは降雨に恵まれ,古来オリーブなどの果樹と穀物栽培が盛んで,フェニキア人による植民地化を手はじめに,ローマ帝国ビザンティン帝国に併合され,ヨーロッパ穀倉地帯であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トリポリタニア
とりぽりたにあ
Tripolitania

北アフリカ、リビア北西部の地中海沿岸にある地方。リビアは3地方よりなり、ほかに東部のキレナイカ、南西内陸部のフェザンがある。大部分が砂漠のこの国で、少ないながら降雨があり、人口が集中している地方である。ほぼ北緯29度以北に位置し、ミスラータ、アルクム、アズザイワヤ、トリポリ、カラヤンの5県がある。面積約35万平方キロメートル、人口約150万。
 地形では海岸平野のジェファラ、その背後の標高200~300メートルのジュベル、内陸のなだらかな台地ジブラに区分される。夏は全域とも暑く乾燥するが、冬はジェファラ、ジュベルではやや涼しくなり、10月から3月にかけ200~400ミリメートルの雨が降り、植物は緑を取り戻す。しかしジブラは年降水量200ミリメートル以下で、植生のほとんどない砂漠であり、人が居住するのは湧水(ゆうすい)の得られるオアシスのみである。春から夏にかけ低気圧が地中海を東進すると、砂漠内部から砂混じりの熱風「ジブリ」がこの地方に吹き出す。[藤井宏志]

歴史

ローマ時代、この地方は「ローマの穀倉」とよばれたが、第一次世界大戦後、数万人のイタリア人移民が送り込まれ、小麦、タバコ、野菜、オリーブ、果樹などを栽培する農園を開いた。現在でも沿岸部はこの国第一の農業地帯である。トリポリでは食品、繊維、ミスラータでは鉄鋼の工業があり、カダメス・オアシスは古くからの隊商泊地として知られる。1551年以後オスマン帝国の支配下にあった。1911年イタリア軍が侵攻し、翌12年キレナイカとともにイタリアの植民地となったが、この地方ではスレイマン・バルーニーを中心にイタリア軍への抵抗運動を行った。第二次世界大戦中の1943年イギリス軍が占領し、軍政下に入った。戦後イタリアはイタリア人が多いことを理由にこの地方の領有を主張し、トリポリタニア住民代表は単一国家としての独立を主張したが、1951年他の2地方とともにリビア連合王国として独立した。[藤井宏志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のトリポリタニアの言及

【リビア】より

…そしてこの地へはアフリカ内陸部やアフリカの外側からさまざまの種族の人びとが流入,とくに7世紀中ごろ以降,イスラムとともに侵入したアラブは11世紀半ばにはベルベルと急速に同化した。リビア人の大半が今ではアラブ系住民であるが,西部のガダミスやガットにいるトゥアレグ族や,トリポリタニア海岸平野の定住農民の一部のベルベル語と独自の生活習慣を守る人びとは純粋のベルベルである。またフェッザーンやキレナイカ南部には,かつてオアシス農業の奴隷として中央サハラから連れてこられ定着したトゥーブ人などの黒人住民もいる。…

※「トリポリタニア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トリポリタニアの関連キーワードキレナイカシルト地中海式農業地中海性気候ミスラータリビア地中海気候ロケットサラダサブラータリビア山猫

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone