サプタ・リシ(英語表記)Sapta-ṛṣi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サプタ・リシ
Sapta-ṛṣi

(1) インド神話の7人の聖仙,ブリグ,アンギラス,アトリ,ビシュバーミトラ (またはカウシカ) ,カシャパ,バシシュタ,アガスティヤをさす。インドのカーストのうち,バラモン階級は家系上この七聖仙の子孫と考えられ,これら7群の家系がさらに細分化されている。 (2) サンスクリット語で北斗七星をさす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android