コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サマール族 サマールぞくSamal

1件 の用語解説(サマール族の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サマール族
サマールぞく
Samal

フィリピン南部スル諸島マレーシアインドネシアなどに分布し,イスラム文化をもつマレー系の民族。人口約 76万と推定される。言語はオーストロネシア語族に属する。大別して西サマール族と東サマール族に2分され,それぞれがさらにいくつかの亜集団に分けられる。東サマール族はスル諸島のホロ島東部を中心とし,周辺の小島群にも分布する。そのうち,バラギンギ島に住むバラギンギ族が最大の亜集団である。ほかにもスル諸島のドンドン島のダウンドゥン族,カビンガアン島のカビンガアン族,バシラン島のヤカン族などもこれに含まれる。西サマール族はホロ島西部海岸部を主たる居住地とし,バジャウ族などがこれに含まれる。陸上で農耕を営む者も少くないが,大部分は漁業,交易などを行なっている。特に海バジャウ族は小型の漁船を住居とする海上生活者である。陸上ではモスクを中心とし,100~500人程度の村をつくる。親族組織は双系的な親類関係を基盤とし,永続的な親族集団は存在しない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone